実施要項


【主催】

四国西南・無限大ライド実行委員会

(宿毛市・四万十市・土佐清水市・四万十町・黒潮町・大月町・三原村・幡多広域観光協議会・土佐清水市観光協会・四万十市観光協会・宿毛市観光協会・四万十町観光協会・黒潮町観光ネットワーク・大月町観光協会・三原村商工会)



【後援】

高知県、(公財)高知県観光コンベンション協会、KUTVテレビ高知、高知新聞社、RKC高知放送、NHK高知放送局、KSSさんさんテレビ、宿毛商工会議所 、スポーツニッポン新聞社



【協賛】

株式会社高知銀行、株式会社四国銀行、幡多信用金庫



【開催日】

2020314日(土)、15日(日)



【開催会場】

〈コース〉

◆足摺ミドルコース104

 宿毛市⇒三原村⇒土佐清水市⇒大月町⇒宿毛市 104.0km

◆足摺チャレンジコース130

 宿毛市⇒三原村⇒土佐清水市⇒大月町⇒宿毛市 130.5km

◆四万十ロングコース150

 宿毛市⇒四万十市⇒黒潮町⇒四万十町⇒四万十市⇒宿毛市 150.5km

◆シクログコース

 自由コースの自転車ポイントラリー

 モデルコース(宿毛市⇒大月町⇒三原村⇒四万十市)

 

〈メイン会場〉

宿毛市総合運動公園

 〒788-0785高知県宿毛市山奈町芳奈4024番地



【内容】

◆足摺ミドルコース104/チャレンジコース130

◆四万十ロングコース150

◆無限大コース280/254

清流として名高い四万十川の景色を楽しめる「四万十ロングコース」、林道の澄んだ空気と海岸線の美しさを堪能できる「足摺コース」、さらに2日間で両コースを走る無限大コースをご用意しました。西南高知の魅力あふれる景観と走りごたえのあるコースを楽しんでいただけます。

・・・・・・・・・・

◆シクログコース 個人/ファミリー/グループ

専用スマートフォンアプリ「CYCLOG」を使った新しいロゲイニングイベントです。制限時間内に西南エリア内に設置されたログスポットを回り、獲得したログポイントの高さで順位を競います。

決められたルートはなく、どのように回ってどのようにポイントを獲得するか、参加者の戦略が求められるゲーム性の高いイベントです。

・・・・・・・・・・

サイクリングイベント初挑戦の方からベテランサイクリストまで、一人でもファミリーでも楽しんでいただけます。

※本大会は、タイムを競うレースではなく、高知西南地域の大自然・人・ものを楽しむサイクリングイベントです。コース上は、一般車両の交通規制をしていませんので、一時停止、赤信号での停止などの基本的な交通規制を遵守してください。追走・並走・割り込みなどはできません。各コースには制限時間を設けており、それを超えた場合はタイムオーバーとなり、走行を続行できません。




【募集定員】

600名程度



【応募方法】

スポーツエントリーによるWEB申込み



【参加費・参加資格】

※シクログコース参加者はイベント当日までに以下の参加条件を満たしてください。

1)スマートフォン(iOS9/Android4.2以降)を所有していること。

 ・タブレットの使用、及びテザリングでのスマホ使用は公式サポートしておりません。ご使用の際にはご自身の責任範囲内でお願い致します。

 ・グループ及びファミリーは、集団内で1人だけスマホを持っていればご参加いただけます。

2)指定の専用アプリをダウンロードしていること。

3SNSFacebookTwitter)のアカウントを所有もしくは新設していること。

4)アプリによるSNSへの写真投稿を承認していただくこと。



【スケジュール】

◆足摺コース104/130㎞(3/14)

 7:00~18:00 開場

 7:00~ 7:50 チャレンジコース受付

 7:00~ 8:20 ミドルコース受付

 7:30~ 7:50 開会セレモニー

 8:00      チャレンジコーススタート

 8:30      ミドルコーススタート

17:30      フィニッシュ制限時間

 

◆四万十コース150㎞(3/15)

 7:00~18:00 開場

 7:00~ 7:50 四万十コース受付

 7:30~ 7:50 四万十コース開会セレモニー

 8:00      四万十コーススタート

17:30      フィニッシュ制限時間

 

◆シクログコース(3/15)

 7:00~18:00 開場

 7:00~ 8:30 シクログコース受付

 8:30~ 9:00 シクログコース開会セレモニー

 9:00      シクログコーススタート

14:00      フィニッシュ制限時間

 

14:30~15:00 結果発表・表彰式



【注意事項】

1)大会中における傷害については応急処置をとりますが、それ以後の処置については本人の責任で行ってください。医師などの治療費については、初診料より自己負担となりますので必ず健康保険証を持参してください。

2)申込み後の登録内容の変更、キャンセルはできません。また、過剰入金、重複入金の返金はできません。

3)大会当日、天災(風雪や豪雨で警報発令の場合ならびに地震や火災等)で大会を中止した場合、参加料の返金はいたしません。

・・・・・・・・・・

◆シクログコース参加の方は以下もご注意ください。

〈個人参加の方〉

1)個人で登録してご友人同士で走られることは問題ございません。

〈ファミリー・グループ参加の方〉

11申込につきアプリ(=スマートフォン)は1台(1人)だけの登録となります。

2)集団内で1人だけスマホを持っていればご参加いただけます。

3)連携するSNSはスマホ所有者の方のアカウントでなくとも構いません。

4)ポイントの獲得は1つのアプリ(スマートフォン)でしか出来ません。

5)ファミリー・グループの各クラスは全員同時にゴールしなくてはなりませんのでご注意ください。

66人以上の場合は複数グループにて分割エントリーをお願いします。

その他

1)ログスポット(チェックポイント)が掲載されたマップは公式HP上および専用アプリにて発表いたします。

2)ログスポットは行政の指導や当日の天候、道路工事、他イベントとの重複などにより予告なく変更されることが有りますので予めご了承ください。

3)シクログコースにASはありません。



【保険】

大会として参加者を対象とする保険に加入

参加者1名あたりの保険金額

死亡 / 後遺障害:600万円、入院1日あたり:3,000円 (180日限度) 、通院1日あたり:1,000円(90日限度)

保険期間  3/14(土)、3/15(日)の2日間(大会参加中)

※治療費はすべて本人負担になります。※この他の保険加入は参加者各個人の判断によります。



【事務局】

大会事務局・お問い合わせ

TEL088-846-6703  FAX088-846-6713 (平日9:0016:00



大会規則

【走行規定】

(1)    交通法規を逸脱した場合は失格とする。

(2)    コース走行時は、警察官の指示がない限り下記を遵守すること。

      一時停止場所、赤信号での確実な停止。

      車道の左側走行。

      並進走行の禁止(一列で走行すること)。

      スマホを見ながらの「ながら運転」の禁止。

      自転車走行可能な歩道および歩行者共有区間での歩行者優先走行の厳守。

      その他、交通事故を誘発するような危険な走行を禁止する。

(3)    走行時は警察官・警備員・大会係員の指示に従うこと。

(4)    先頭を走る先導車を追い越さないこと。また、車両による伴走は禁止する。

(5)    各エイドステーションで定める通過制限タイムを過ぎての走行はできません。

(6)    以上の大会規則を守らず、大会係員からの警告を受けても改善されない場合は参加を取りやめていただく場合があります。また、大会規則を守らずに発生した事故等について主催者は責任を負いません。

車両・装備規定

(7)    装備および自転車の形状について

     小径車・リカンベントを含む公道を走れる自転車で参加すること。

     前後のブレーキが完備されていること。

     DHバーの装着は禁止。

     ヘルメットは必ず着用すること。

     ライト(前照灯・テールライト)の装着、トンネル内では必ずライトを点灯すること。(デイライト推奨)

     ダンデム車での走行はできません。

     ベルを装備すること。

【駐車場

(8)    宿毛市総合運動公園の駐車料金は無料ですが、決められた閉門時間までに退出願います。

(9)    駐車場内での宿泊(前泊・後泊ともに)ご遠慮ください。

リタイアの方法

(10)何らかの理由でリタイアする場合は近くの係員または大会本部に申告し、指示に従うこと。(本部連絡先はコースマップ、シクログコース参加の方はアプリ内部に登録されているのでご活用ください。)

事故時の対応

(11)参加者同士または一般車両などとの交通事故が発生した場合は、直ちに警察、大会本部、係員に連絡し、その指示に従うこと。

(12)イベントに起因した事故に関しては応急処置を行いますが、大会の加入する傷害保険の給付限度額以上の請求には応じられません。また病院などでの治療費等についてはすべて当事者負担となりますので、ご自身の健康保険証は必ず携行願います。また心配な方は個人での保険加入をお勧めいたします。大会で加入しているものか、個人的に加入しているかを問わず、傷害保険の請求には警察署の事故証明が必要になるケースがほとんどとなります。また交通事故証明書は警察への届出が必要になります。当事者の連絡の不備などにより保険の請求ができない事態となっても大会側では一切の責任を負えません。あわせてご注意下さい。

悪天候や災害等でイベントを中止する場合

(13)基本的に降雨などの悪天候でもイベントは開催されます。

(14)スタート前、スタート後にかかわらず、暴風・降雨に関して「注意報」が「警報」に変更された時、台風などで天候悪化が明らかな時は中止とさせていただきます。

(15)開催前に中止が確定した場合は、以下の3度のタイミングでアナウンスいたします。  


誓約事項

1.<規則の遵守義務>

参加者は、大会が一般公道で行われる個人の責任で走るサイクリングであることを承知し、一般交通法規などはもとより主催者が設けたすべての規約・規則指示を遵守し、他の交通に迷惑をかけず、スムーズな大会運営に協力し「実施要項」に記載の注意事項等を確認の上、参加者個人の責任において、安全管理・健康管理に十分な注意を払い大会に参加します。万一、体調などに異常が生じた場合はすみやかに参加を中止することを誓います。

 

2.<競技特性の理解と安全確保>

参加者は、サイクリングの経験があり、大会が変化しやすい自然環境の中で行われ、参加者の体調が急激に変化する特性があることを十分に認識しております。またコースは広い範囲に設定されるため、緊急時の救護あるいは対応に支障をきたす可能性が高いことを良く理解しています。

 

3.<健康状態の自己申告>

参加者として健康状態は良好であり、大会の参加に何ら問題を生じる事は予想されません。また、アレルギー体質、過敏症などの特異体質や既往症など、さらには宗教上その他の理由などにより、緊急医療のため知っておいてほしいことがある場合は、事前に主催者へ報告いたします。

 

4.<自己管理責任と応急処置の承諾>

参加者は、参加者個人の自覚と責任において、安全と健康に十分な注意を払って大会に参加し、走行中に参加者が被害者又は加害者となる事故が発生した場合、原因の如何を問わず、自己責任において処理し主催者及び責任者に責を帰さないことを誓います。また、主催者により続行に支障があると判断された場合は中止勧告を受け入れます。参加者が大会中に負傷したり、事故に遭遇したり、あるいは発病した場合には、参加者に対し処置が施されることを承諾し、その処置の方法および結果に対しても異議を唱えません。

 

5.<負傷・死亡事故の補償範囲>

参加者は、大会中および付帯行事の開催中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても、その原因の如何を問わず、大会に係わるすべての大会関係者に対する責任の一切を免除いたします。また、参加者に対する補償は大会に掛けられた傷害保険の範囲内であることを確認了承します。従って、参加者はここに、参加者自身・参加者の遺言執行人・管財人・相続人・近親者などのいずれからも、参加者が被った一切の傷害について賠償請求・訴訟およびそれらのための弁護士費用などの支払請求を一切行わないことを誓います。

 

6.<免責事項>

参加者は、気象状況の悪化および走行環境の不良など主催者の責に帰すべからざる事由により、大会が中止になった場合、または内容に変更があった場合、さらには用具の紛失・破損などにより大会参加に支障が生じた場合においても、主催者に対してその責任を追及しないこと、並びに大会への参加のために要した諸経費(参加費を含む)の支払請求を一切行わないことを誓います。

 

7.<肖像権及び個人情報の取り扱い>

参加者は、参加者の肖像・氏名・住所・年齢・競技歴及び自己紹介などの個人情報が、大会主催者が作成するウェブサイト、大会パンフレット、大会に関連する広報物、報道並びに情報メディアにおいて使用されることを了解し、付随して主催者が制作する印刷物・ビデオ並びに情報メディアなどによる商業的利用を承諾します。また、氏名・住所・電話番号・メールアドレス等の個人情報が大会主催者による参加者への連絡・情報提供に使用されることを承諾します。

 

8.<本誓約事項に規定されていない事項について>

 

本契約書の解釈に疑義が生じた場合、大会にかかわる規則に従い解決することを承諾します。万一、大会に関する争いが生じた場合、その第一審の専属管轄権は高知地方裁判所とし、準拠法は日本法とする事に同意いたします。